sidetech

(元)インフラエンジニアの寄り道メモ。

Cisco Meraki vMX100 ( Virtual MX for AWS )

と・・・GW明け・・・久々にMerakiネタです。

 
AWSってVPN張ろうとすると結構大変なんすよね。私は慣れてしまいましたが…BGPの設定とかムキャーってなります(慣れてないん)。
 
そしたらMerakiのお知らせでvMX100が出るんで宜しくねってのが・・・来ました・・・んで、
 
取りあえずどんなもんかみてみるか・・・って速攻で特攻してみました。[E:coldsweats01]
 
 
 
Vmx10001
AWSコンソールのEC2のインスタンス作成でマーケットプレイスMerakiで検索すると出てきます。m4.largeを使うのね・・・。
んー・・・もしかして通常のMX100のライセンスと違うのかな・・・ソフトウェア費用が・・・0円になっちゃってますね・・・。これってハードウェアが仮想アプライアンスの時に幾らになる・・・ていう価格設定の場所のはずですが・・・。と調べたら毎時AWSライセンス無しってなってますね。だいぶ思い切ってますね。クラウド利用ライセンスもMX100と同じ価格ってことみたいですね・・・ほほぉ。
 
実はライセンスの相談をせずにセットアップに突入したんで、まだ幾らなのかしらないんす[E:coldsweats01] MX100は扱っているので調べればわかるんだけどね・・・。
 
まーとりあえずデプロイしてしまえー(本来のセットアップ手順ではありません)。
Vmx10002
とりあえず動作させたった。でもMerakiのシリアルもってない~。
 
Merakiダッシュボード側からアプローチかけてみればいいんかな・・。
新しいネットワークをクリエイトしてセキュリティアプライアンスでとにかく作る。
Vmx10003
お~。書いてありました。「先にライセンス入手しろやタコ。ライセンス投入してから来やがれこんちくしょう。」と書かれていますね。
多分、ライセンスを投入すると、[add vMX]というボタンが現れるんだと思います。
 
まだ想像だけど・・・AWSで可用性で構築する場合どうするんだろうね。
通常だと、MXを2台購入してもライセンスは冗長化の場合は1つで済むんです。
AWSはAZの考えがあるので、出来ればAZ-aとAZ-cに配置してHA組みたいですよね。
 
 
うーん・・・流れはわかったけど(先にインストレーションガイド見ろ)
冗長化出来るのかなぁ…。
 
5月16日(17日だそうです)にMXやらMVやらMSやらの新機能とか新モデル発表のウェビナーがAM9:00からあるようなので、興味のある方は申し込みしてみると良いかも。
私は・・・予定が詰まってて参加できない・・・orz...。
 
この仮想アプライアンスとなったvMX100による最大メリットはAutoVPN環境にAWSが加わるってことですね。
AWS標準のVPN機能は結構マゴマゴするのですが、これならイージーになるね。
うーん、どんな感じに動くのか見たーいっ[E:bearing]