sidetech

(元)インフラエンジニアの寄り道メモ。

大規模ネットワーク障害の時のワタシ。

インターネットに絡む生業の皆様、お疲れ様っす。

今日の昼頃・・・。

Yahooニュースでは、軽ーくしか触れられていませんが・・・

私は・・・

余波もろに受けました・・・orz...。

も~最初は一体何が起こったんかと・・・。所定の確認しても原因が掴めずで、対象の回線のグローバルIPpingしても涼しい顔しているは、ファイアウォールはなんだか妙な動きしているはで・・・

生きた心地しませんでした。

ちょっと今日は社内のインフラも調子悪くって、二次被害なの?!って思って判断が最初悩みました。絞り込みをして、キャリアの障害コール番号に電話した所で、簡易アナウンスにより事態を把握。ネットニュースやらツイッターやらでやっと世の中の状況を把握。くっそー。

 

このダウンデテクターというサイトも便利っすね。

このサイトを見る限りでは、まだ完全に障害が沈静化していないのかなぁ・・・とはおもいますが、接続障害が全国的に起きているという事で、私の心は平静を取り戻せました。

だって、これといって原因判らんのに、よりによって生命線となる回線に影響するんだもの・・・(涙)。

 

私、2000年頃よりインフラを生業としてますが、ここ最近色々な人にボヤいています。

「インターネット(を何処まで信じでええか)怖い」

 

私のブログ記事にも、常にインターネット回線の心配がちらほら見られます。

今日の通信障害のインパクトがあれば、もっとメディアに取り上げてもらってもいい筈なんすけどね・・・。

 

「全世界からSynFlood食らってるっ」・・・と言われても業界人しかわからないからニュースもふわっとした感じになるんですかね・・・。

サイバーを使った戦争やテロは受け身になったらどうにもならんす。

電話とインターネットを失ったらどうなるかを想像するとイイっすね。

まぁその時は国際ラインの断絶とか色々しますかね・・・。

 

うーん、もっとフレキシビリティのあるインフラって作れんもんかなぁ・・・。

GSLBをやっていたとしても今回の障害には有効だったんだろうか・・・。

 

そいえば、やっとこ落ち着いてきたころに、(他サービスの)保守会社のメールに、障害があった旨のメールが来ました。。。(^^;;;;;;オソイ

 

兎に角、今回は認証基盤にも影響を与えたんで・・・もっと安心できる構造にしなくちゃね。

 

ちょっと話ずれますが、イーロンマスクが、AIロボットの行き過ぎはあかんから今から法整備しようぜって言っていますが、インターネットも必要だと思うんすよね・・・。

クラウドの次はフォグ・コンピューティングとかほざいていますが、インターネットも十分AIに乗っ取られる環境かとおもうっすよ。こんだけ攻撃者優位なんすから。

 

てことで、今日の仕事なんにも出来ていないので、明日もがんばります(^^;