sidetech

(元)インフラエンジニアの寄り道メモ。

Mac Address を調べるアプリ



仕事アプリ紹介の最初はiPhoneアプリですが「Mac Address」というアプリで、まんまMacアドレスを調べるツールです。androidにもありそうです。
これって限られた需要アプリだとは思うのですが、ネットワーク屋は「ん?なんだこのMACは?!」という場面が多々あります。
最近は仮想化もありMACだけで見極めるのも色々大変ですが、一応ネットワークの根底にはこのアドレスからスタートするわけなんですね。ネットワークの中でのシリアルナンバーみたいなもので、よっぽどがない限り、同じMACアドレスには出会わないということで。
MACアドレスで知りたい事は「どのメーカーなのか」というのがまず知りたいんですね。このメーカーという情報があるだけで色々と絞り込みしやすくなるんです。ただ中には思ったメーカー名じゃない時もあります。本体はS??NYなのにインターフェースはMurataなんちゃらと出てきたりします。なのである程度モノを知っていないとわからない時もあります。



さてアプリの説明。MACのベンダーコードは最初の3クォーター分です。01:02:03まででメーカーが判ります。あとの04:05:06はそのシリアルナンバーだと思っていいでしょう。
画像では「Apple」と出していますが、最初のベンダーコードで、どのメーカーが保持しているのかわかります。



こちらは逆検索ですね。メーカー名を入れるとどれだけMACベンダーコードを持っているのか判ります。Ciscoで検索するととんでもない量が出てきますよ(^_^;

MACフィルターとかする様な場合にも重宝するかもしれませんね。MAC認証する場合でも、セーフMACアドレスメーカーとかつけないと調子が悪い時もあるでしょう。プリンターや複合機の関係のメーカーとかね。あとはネットワーク機器とか。

最近はMAC偽装ってどうなんでしょうね。あまりここら辺の話をすると良くないので差し控えましょう(^_^;

と、いうことでググっても出てくる情報ではあるのですが、アプリで使えることで、PCの中でブラウザを開きまくる必要は1つなくなりましたね。

という感じで、仕事アプリを紹介していければ。