sidetech

(元)インフラエンジニアの寄り道メモ。

iPhoneがプチ再起動を繰り返す12月2日の病

なななんと、流行りの病気に掛かってしまった。

iPhoneが再起動を繰り返す不具合 12月2日に発生 - ITmedia NEWS

 

今風邪をひいていて、今日はずっとねていようと思ったのに。。。

朝、スマフォがプチフリーズを繰り返して、クルクル砂時計が10秒置きに出て来るもんで、こりゃまともに調べられんと思ってPCで軽く調査したものの、今回の症状を表現するキーワードにまずつまずく。

 

・フリーズといっても固まっているわけじゃない。

・再起動というよりはプロセスハングの様に見える(ウィンドウズ的にいうとシステムに直結しているエクスプローラハングと似てる)

・クルクル回る画面をウィンドウズ的に砂時計と表現して一致するのかどうか。

・検索結果学習がまだイマイチなのか、人柱的まとめサイトに辿り着けない。

・10秒以内の操作に原因追求の難しさ。

結果的に的を得ている障害ワードが分からずAppleCareアドバイザーのチャットを頼って見ることに。

30分待ちだったので、どうやら世の中も同様のケースが出ていそうだなと思ったけど、案の定でした。

すっごく丁寧なアドバイザーの対応に感心しつつ以下アプリを使っていないかと。

「欅のキセキ」「乃木坂46リズムフェスティバル」「Zaim」「au Wi-Fiセキュリティ」「ウイルスバスターモバイル」

私は該当しなかったのだけど、通知のサイクルの部分の不具合というのは分かったので、調べていくと私の場合は「マンガBANG!」でした。

AppleCareアドバイザーには情報提供をしてお別れしましたが、いやはやどーなるかとおもいました。

通知機能の割り込みの可視化じゃないけど見えた気がするな。挙動の意味が判ればあとは対処療法。

ツイッターを使っていればもっと早く情報に辿り着けたかな?

 

私、今回初めてAppleCareアドバイザーのチャットサポートを利用したのですが、対応してくれた方の丁寧さにも驚きましたが、チャット開始時から複数のお客様を同時にサポートしていて返答に少し遅れが出てしまう旨を言われて、ああなるほどなぁと。電話じゃチャットの様に複数人相手出来ないしね。チャットサポートの有用性を感じたりとか、困って問い合わせているのに別の感心ばかりしていました(^_^;

 

私の鼻のど炎症からくる風邪も暫定回避策とかないですかね?wまだ治らんのですよw

 

今回は言葉に当てはめにくい用語の検索の難しさとチャットサポートの有用性を感じてベンキョになりました。

結果的にいうと、通知割り込み時の再起動じゃなくて通知時のシステムハング(ハングアップ)じゃね?!

ってことだと思うのですが、正しい言葉よりも大衆が同じ様に思う言葉が大事になって来ますよね。能動的解釈?

言葉ってむずかしーね。

なので該当しない言葉だろうと推測推察して情景も浮かべながらマッチングさせる様にした方が良いよと部下に言っとこうw

 

ちなみに今日あたりリリースされたios11.2はこの症状はでなくなるらしい?よ。

f:id:hunter1014:20171202202246j:image

[お知らせ]12月2日の早朝からiPhoneが突然クラッシュしている人はこの記事を読んで | TechCrunch Japan